『モナコイン』の特徴や今後の展望を徹底解説

ここ数年、仮想通貨が世間のニュースをにぎわせてきました。

中には、仮想通貨を購入したいが、「どれを購入していいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで見ていただきたいのが、今回ご紹介する『モナコイン(MONA)』です。

モナコインは日本発祥の仮想通貨であるため、「日本人にとって取り扱いやすい」という利点もあります。 ここでは、そんなモナコインの特徴や、今後の展望などの情報を徹底解説していきます。

モナコインとは?

『モナコイン(MONA)』とは、日本の巨大掲示板である「2ちゃんねる」の有名なアスキーアート「モナー」をモチーフに開発された仮想通貨です。

2013年12月に誕生してから、主に日本人ユーザーに利用されてきました。

モナコインは、元々はオンライン上の少額取引に使うことを目的として開発されたものであり、最初は小さなコミュニティ内での投げ銭などに利用できるよう設計されました。

たとえば、Twitter上では『tipmona(チップモナ)』という投げ銭サービスがあり、それ以外にも「ツイキャス」「ショールーム」などの動画配信コンテンツでも活用されている実績があります。

また、最近ではこれらの投げ銭サービスだけでなく、モナコインでの支払いを取り扱っている店舗も幅広くあるのです。

飲食店から美容店、ショップや貸し会議所など、様々な場所でモナコインでの決済を取り入れられています。

モナコインのメリット

実は、沢山のメリットがあるモナコイン。では実際に、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

①世界で初めてsegwitを導入!

『segwit』とは「Segregated Witness」の略であり、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法です。

簡単にいうと、segwitを導入することにより取引データを圧縮することが可能となるため、その結果、取引手数料を安く抑えながら高速な処理速度で取引ができるようになります。

また、その送金速度は、仮想通貨の代名詞である「ビットコイン」よりも早いとされているのです。

モナコインは、そんなsegwitを世界で初めて導入した仮想通貨となっています。

②システムがしっかりとしたモナコイン

モナコインは、2チャンネル発祥の仮想通貨です。

この点に関しては、「馴染みやすい」と好印象を持つ方もいれば、場合によっては「怪しいし、不安」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ご安心下さい。

そもそもモナコインは、ビットコインの次に歴史が古く、尚且つ発行総量がビットコインの4倍もある「ライトコイン」のソースコード(プログラムの設計図)を元に開発されたので、信頼できるシステムによって構築されています。

③送金に個人情報の開示が不要

モナコインは、「分散型」の決済システムです。

管理者が管理・運営する「中央集権型」のプロジェクトではないため、個人情報を開示しなくとも送金を行うことが可能となっています。

個人情報の流出を防ぎながら送金ができることは、ユーザーにとって嬉しいメリットでしょう。

モナコインの今後の展望

日本の掲示板2チャンネル発祥のモナコイン。

リリース当時は1MONAあたり2.5円程度のものでしたが、「ワールドビジネスサテライトで掲載」「ホリエモンの参戦」「Zaifへの上場」「Segwitの承認可決」などをきっかけとし、上昇しては下落というのを繰り返してきました。

その後、国内大手取引所bitFlyerで取扱いを開始したことで、モナコインは急騰、さらにはbitflyerUSAでモナコインが上場するうわさが広まり、2017年の12月には一時期1MONAあたり『2,400円』を超える高値をたたき出すまでに高騰しました。 2019年7月現在のモナコイン価格は1MONAあたり約255円程度となっていますが、そんなモナコインの今後の展望を予想してみましょう。

今後も上昇することが予想されるモナコイン

2,400円という高値をたたき出したモナコインも、今ではその10分の一程度を推移しています。

それでも、なぜ今後上昇することが予想されるのか、それには以下のような理由が挙げられます。

①まだまだモナコインを取り扱っていない取引所が多い

仮想通貨が大きく上昇するタイミングは多くありますが、その中でも「上場」は大きなイベントとなります。

ここでいう上場とは、仮想通貨が取引所で売買できるようになることを意味するのですが、事実モナコインがbitFlyerへ上場した際には、認知度や期待感が一気に高まり、それが急騰するきっかけとなりました。

モナコインを取り扱っていない取引所は、大手を含めてまだまだ多数あります。(例でいいますと、BITPointやDMMbitcoin、楽天ウォレットなど)

これらの取引所で上場されたならば、更なる価格の上昇が期待できるでしょう。 また、モナコインを指示しているユーザーも多いことから、その可能性が十分に考えられる点も上昇が予想される一因となっています。

②Coincheck(コインチェック)への上場

長く下落が続いていたモナコインですが、2019年6月頃に、モナコインがCoincheck(コインチェック)に上場したことで価格は急上昇しました。

元々期待感の非常に大きい仮想通貨であるモナコインが、コインチェックという大手仮想通貨取引所に上場したことで、注目度や期待感が非常に高まっているのです。

これからモナコインによる取引が、盛り上がっていくことが予想されます。

③コミケの主流通貨になる可能性

コミックマーケット、通称『コミケ』をご存知でしょうか?

コミケとは同人誌の展示即売会であり、華やかなコスプレイヤー達も華を添える、オタクの祭典となっています。

1975年の初開催時の参加者は700人ほどだったものが、今では年に2回(8月・12月)開催され、来場者は過去最高で59万人にも昇っています。

その経済効果は約180億ともいわれている、まさしく国内最大級イベントなのです。

そんなコミケで、モナコインは主流通貨になる可能性を秘めています。実は、現時点で既にモナコインでの支払いを認める同人サークルも存在しているほどです。

この国内最大級イベントの主流通貨としてモナコインが認められた場合、価格に与える影響は多大なものなることが予想されています。

④根強いユーザーが多い

モナコインは、根強いユーザーが多いことで有名です。

2チャンネル発祥のモナコインは、秋葉原を中心としたアニメのイベントなどで見かけることも多く、さらに長野県には「モナ神社」と呼ばれるモナコインを祭った神社も存在し、沢山のモナコインファンが参拝に訪れています。

また、有名人の中でもモナコインを支持している方は多数いらっしゃるのですが、中でもホリエモン(堀江貴文)が初期時代からモナコインを支持していたのは有名な話です。

これらの根強いユーザーがいるということは、価格が下がったとしても買い支えるため暴落しにくく、さらには、金融知識があるネット界の著名人が情報を発信することで多くの投資家の関心を抱き、その結果価格上昇のきっかけが増えることとなります。

日本発祥のモナコインは今後も要チェック!

日本の大型掲示板2チャンネルから発祥した『モナコイン』は、システムがしっかりと構築された、実用性の高い仮想通貨です。

また、様々な取扱所への上場や、コミケの主流通貨となる可能性、根強いユーザーの存在など、価格が上昇する期待感を大きく秘めています。

これから仮想通貨への投資を考えている方、特に国内発祥の仮想通貨へ投資したいと考えている方は、今後もモナコインをチェックして頂きたいところです。