サイドチェーンを持つ分散型プラットフォームLiskの基本情報から特徴、将来性まで解説

Liskは日本の仮想通貨取引所でも取引されており、日本国内での知名度が高いことから名前だけは知っているという人もいるのではないでしょうか。気になっているので投資してみたいが、どういった仮想通貨なのか分からない、またはスマートコントラクトが搭載されているがイーサリアムと何が違うのかなど、Liskの基本情報から特徴、将来性を詳しく解説します。

Liskの基本情報

仮想通貨名:Lisk(リスク)
ティッカーシンボル:LSK
発行開始:2016年2月
発行主体:Lisk Foundation
発行方法:ブログラムによる自動発行
上限発行枚数:1.6億LSK
ブロックチェーン形式:パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム:Delegated Proof of Stake(DPOS)
使用用途について:送金・決済

Liskの基本的な概要について

Liskはイーサリアムと同じくスマートコントラクト機能を実装しているブロックチェーンプラットフォームです。誤解されがちですがLiskはスマートコントラクトを実装しているプラットホームの名称であり、Lisk内で開発された分散型アプリケーション(Dapps)を利用する際に、仮想通貨LSKが使用されます。

またLiskのブロックチェーン上で開発できるDappsは、一般的に使用されている開発言語「JavaaScript」を使うことができます。他にもLiskはイーサリアムとは異なる点があり、メインのブロックチェーンではなく、サイドチェーンがあります。

サイドチェーンはプライベートチェーンとしての仕様もあり、このサイドチェーンを活用してDappsを構築することができるので、開発の柔軟性にも対応しており、メインチェーン上にDappsを構築しない取り決めになっているので、処理速度が低下しにくい利点があります。またサイドチェーン上で開発されたDappsに何かあった場合でも、メインチェーンに影響が及ばないという特徴もあります。

Liskの大きな特徴

  • スマートコントラクトが実装されている
  • Liskのサイドチェーン上でDappsを開発できる
  • Dappsを開発する際は JavaScriptを使用できる
  • サイドチェーンがあることで、スマートコントラクトのバグや処理速度の問題に対処されている
  • マイニングにDPOSが採用されていることで、取引の承認速度が10秒程度と早い

スマートコントラクトとは

仮想通貨のことを調べている人なら聞いたことあるかもしれません。イーサリアムにもあるスマートコントラクトとは、プログラムによって自動執行される契約です。契約をプログラムで構築することで、定義として組み込まれた特定の条件を満たすことで、取引が実行される仕組みです。

データを改ざんされる可能性が限りなく低いブロックチェーン上に契約内容を書き込むことで、証人を必要とする契約であっても、自動的に契約は執行されるという特徴があります。したがって時間や人件費などのコスト削減においてメリットがあります。

サイドチェーンについて

Liskの特徴といえばサイドチェーンです。イーサリアムにはサイドチェーンがなく、イーサリアムのブロックチェーン上でDappsを開発しますが、もしそのDappsに何か問題があった場合、メインチェーンがハッキングされる可能性があります。イーサリアムでは過去に、イーサリアム上で開発されたDappsが原因でハッキングされ、イーサリアムとイーサリアムクラシックの2つのチェーンができた経緯があります。

そういったリスクも回避するため、Liskではメインチェーンとは別のサイドチェーンが搭載されています。DappsをLiskのブロックチェーン上で開発する際はサイドチェーンを使います。そしてもし作ったDappsにバグが発生しても直ぐに対処しやすく、メインチェーンに影響が及ぶ心配はありません。またメインチェーンの処理能力を圧迫することもいないので、スケーラビリティ問題の対策にもなります。

JavaScriptでプログラミングができる

ブロックチェーン上でDappsを設計する時に用いられる開発言語は、ブロックチェーンについて学んでなければプログラマーでも難しいと言われています。例えば、イーサリアムは「Solidity」という独自言語を使用するので、どのプログラマーでも開発できるわけではありません。

一方でJavaScriptは、プログラマーなら確実に知っている開発言語なので、ブロックチェーンについて詳しく学んでなくても、Dappsを開発できるとくメリットがあります。その点でLiskはイーサリアムよりも扱いやすいと言えます。

実際にLiskには「Lisk SDK Framework」という開発フレームワークをセットアップすることで、独自のカスタムDappsを誰でも開発することができます。

マイニングシステム:Delegated Proof of Stake(DPOS)とは

マイニングのアルゴリズムといえばビットコインのProof of Work(PoW)ですが、これは不特定多数のマイナーがコンピューターを使って暗号計算をします。その計算が一番早かったマイナーが取引を承認する権利が得られる仕組みになっています。

LiskのDPOSはPoWとは仕組みが全く異なり、間接民主制のような仕組みと言われています。どのような仕組みかというと、取引の承認者を誰にするのかを、Lisk(LSK)を持っている人たちの中で投票します。選出された承認者がブロック生成(取引を承認する権利)をすることができるという仕組みです。

この方法はPoWのように計算能力に頼っているわけではないので、取引量が増大してマイナーの計算処理が追いつかなくなるといった、スケーラビリティ問題を抱えにくく、ビットコインの承認が約10分に対して、Liskは約10秒と早いのが特徴です。

Liskが今後目指しているところと将来性

Liskは誰でも開発しやすいように、プログラミングにおいて多く使われている開発言語を採用したり、サイドチェーンを利用することで柔軟性を持たせるなど、多くの人に利用してもらいたいという思いがあります。将来的には誰もが持っているスマホなどの端末から、簡単にプラットフォームを作ったり・使えたりできるものを目指しています。

お分かりのようにLiskはまだ開発段階であることが分かります。価格では高い時期では1LSK=400円まで高騰しましたが、2019年9月24日現在は100円前後です。値動きも激しいところを見るとまだ参加者の少ない小さな市場と言えます。ただSDKのフレームワークは既に本格始動しているので、今後の伸び代に期待しましょう。

まとめ

Liskは日本の取引所でも購入できる身近な仮想通貨です。価格もまだ安く、試しに少額から購入してみたいと考えている人にはおすすめの仮想通貨でもあります。ただ直ぐに大きく価格が上がるというものではないので、長期的な目線で投資するのがいいでしょう。