フェイスブックが発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」とは?用途や可能性についてを詳しく解説

フェイスブックが6月18日に発表した、仮想通貨Libra(リブラ)をご存知でしょうか。ホワイトペーパーやテストネットが公式公開され国内外で話題となりました。リブラとはどういった仮想通貨なのか、利用用途や将来的な可能性、またアナリストたちはどう見ているのかなどを詳しく解説します。

Libra(リブラ)とは?

フェイスブックが発表したリブラはパートナー企業27社と共同で開発された仮想通貨です。商業取引から個人の支払い、送金まであらゆる決済に使用できることを目的としており、法定通貨の代替通貨として「多くの人々に力を与える、シンプルで国境のないグローバルな通貨と金融インフラになる」というスローガンを掲げています。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、国境関係なく個人が自由に電子的な価値のある「通貨」をやり取りできることに注目され、リブラもまた同じように法定通貨に変わって国境関係なく自由にスマートな取引ができる、金融の土台となるべく開発が進められました。

仮想通貨の自由度を最大限生かし、リブラは銀行口座を持てない移民や高いインフラに苦しむ新興国に住む約17億人が利用できる金融インフラとなることで、サービス代金支払いや低コストの送金手段になることが狙いにあります。現時点ではフェイスブックユーザーによる利用を想定していますが、将来的にはフェイスブックユーザー以外の人たちの利用も目指しています。

リブラが新興国で注目される理由とは

世界には内戦や国の情勢によっては自国の通貨が高いインフレ状態になり、法定通貨としての信用が低い国々では貯蓄をするどころか、銀行口座を持てない人々が存在します。そこでフェイスブックは所有率の高いスマートフォンを使うことで誰でも簡単に支払いができ、法定通貨をリブラに変換することでウォレット内で貯蓄しておくことも可能になります。

一方で、仮想通貨といえば価格変動が激しいイメージもあります。価格変動が激しければ結局、高いインフラと同様になってしまいます。そこでリブラはステーブル(安定)コインとしての役割を持たせていたます。

ドル、ユーロ、ポンド、円などの安定的な法定通貨や国債などの複数の資産バスケットで価値が裏付けされます。そのためリブラの価格も大きく変動することなく、安定的な価格を維持することができます。

リブラの安全性と仕組みについて

次にリブラの中身がどのように構築されているか見てみましょう。多くのトークンはイーサリアムやネムなどがベースになっているケースが多いですが、リブラは独自のブロックチェーンが開発されました。

その特徴としては、

  • 数十億のアカウントにも対応できるスケーラビリティ性
  • 個人の資産や財務情報を安全に守るための高いセキュリティ
  • 金融機関との連携サービスにも対応するための柔軟性

これらを実現するためにリブラのブロックチェーンに構築された技術は

  • 開発言語「Move」の採用
  • 取引承認方法にビザン・チンフォールト・トレランス(BFT)アルゴリズムの採用
  • ブロックチェーンの種類、コンソーシアムチェーンから将来的にパブリックチェーンへ移行

ビザン・チンフォールト・トレランス(BFT)アルゴリズムとは

この聞きなれないアルゴリズムについて説明します。この仕組みを簡単に違いうと、悪意あるユーザー(ノード)によって意見がまとまらず、取引の合意形成が失敗することを「ビザンチン将軍問題」と言います。また、もしこの問題が発生したとしても、システム全体は正しく動作するシステムを「ビザンチンフォールトトレランス性がある」と言われています。

要はLibra協会に参加しているメンバーがノードとして機能しており、取引に関する合意形成をしています。ビットコインの場合は第三者(マイナー)がマシンを使って高度な暗号計算をします、その際に多くのマイナーと競争で計算をするので高性能なマシンを必要とし、莫大な電力を消費します。また取引量の増大についていけなくなるデメリットがあります。

そこでリブラが採用している承認方法なら、高性能なマシンを必要としないのでエネルギー効率が良く、また取引量にかかわらず素早く取引を完了させられることが可能です。BFTを採用することで、もし3分の1以上のノードに悪意あるいは失敗があったとしても、ネットワークは正常に機能するよう設計されています。

コンソーシアムチェーンからパブリックチェーンに移行する

パブリックチェーンはビットコインをはじめ多くの仮想通貨が採用しているチェーンです。第三者が取引に関する情報を閲覧できる、透明性の高いオープンなチェーンとして知られています。リブラが初期段階で採用したコンソーシアムチェーンは、信頼できるいくつかの団体や企業によって取引が合意されるよう設計されたチェーンです。

現段階では、数十億人の取引を安全にサポートするためには、まだスケーラビリティ(送金の遅延)問題や安定性などの問題があるため、コンソーシアムチェーンが採用されています。そういった問題が解決されれば、将来的にパブリックチェーンへと移行し稼働させる予定です。

Libra(リブラ)協会とは

ビットコインやネムなどの仮想通貨には財団というものが存在します。リブラにも非営利の独立した組織「Libra協会」があります。本部はスイスのジュネーブにあり、予定されている2020年にリブラが稼働した後は、フェイスブック主体たのLibra協会が運営を行います。

協会メンバーには、フェイスブックを始めマスターカード、ペイパル、ビザ、eBay、Coinbaseが参加して言います。世界的大手の決済系企業が名前を連ねており、当面はこれらの企業がノードとして機能しています。

Libra(リブラ)が抱えているリスクとは

誕生したばかりのリブラが抱えている問題点は、マネーロンダリングやテロ資金供与に利用されかねないという懸念です。この対策に向けて、フェイスブックとパートナー企業は米国の規制当局と協議していますが、米証券取引委員会(SEC)からまだ法令適用事前の確認手続が確保できていません。この手続ができれば規制当局の対応に備えて予防線を張ることができるとしています。

また他の仮想通貨同様に、ハッキングなどの攻撃に晒されるリスクがあるとしており、これらの問題解決が今後の取り組みとなっていくでしょう。

仮想通貨アナリストはリブラを歓迎している

仮想通貨メディアとして知られているコインテレグラムが報じていた内容ですが、多くの仮想通貨アナリストはリブラを歓迎しているそうです。仮想通貨投資家のWhale panda氏はリブラのホワイトペーパーを読んだ後、ビットコインに対してますます強気になってと、ツイッターで述べています。

また仮想通貨アナリストのジョセフ・ヤング氏は、リブラのホワイトペーパーが「仮想通貨」という言葉を使い、将来的にパブリックチェーンへの移行を明らかにしていることが重要とし、リブラによってブロックチェーン技術の正当性を明らかにしているとのことです。

米調査会社ファンドストラット代表でアナリストでも有名なトム・リー氏は、ビットコインにとって補完的な機能を持っていると分析し、リブラを機にビットコインについて知ろうとする人たちが増える可能性があり、仮想通貨市場にとってはプラス要素と言えるでしょう。

リブラの導入は2020年を予定しており、ステーブルコインとして、自由な国際送金や支払いとして開発されたリブラの進展に注目が集まるでしょう。