スマートコントラクトを可能にする分散型プラットフォームEthereumの基本情報から特徴、将来性まで解説

Ethereum(イーサリアム)はビットコインの次に時価総額が大きな仮想通貨で、ブロックチェーンにスマートコントラクトを搭載させたのはイーサリアムが世界初です。またイーサリアムは日本の取引所でも購入することができるので、日本人にも身近な存在と言えます。これからイーサリアムに投資をしたいけど仕組みがイマイチよく分からない、将来性はどうなのかなど、今回はイーサリアムについて詳しく解説します。

Ethereumの基本情報

仮想通貨名:Ethereum(イーサリアム)
ティッカーシンボル:ETH
発行開始:2015年7月
発行主体:Ethereum Foundation
発行方法:マイニングをした記録者への対価として発行
上限発行枚数:未定
ブロックチェーン形式:パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work(今後 Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)へ移行予定)
使用用途について:送金・決済・スマートコントラクト

Ethereumの基本的な概要について

イーサリアムは仮想通貨で初めて、プログラムによって自動執行されるスマートコントラクトを実装した分散型プラットフォームを開発しました。考案者は当時19歳の青年ヴィタリック・ブリテン氏だったことでも大変注目されました。イーサリアムの登場によって、イーサリアムのブロックチェーン上で誰もがDappsを開発できるようになりました。

イーサリアムという名称は分散型プラットフォームを開発するプロジェクト名の総称であり、正しくはイーサリアムのプラットフォーム上で使用されるイーサ(ETH)を取引所で購入しています。またイーサリアム上で開発されたDappsやプロジェクトのICOで利用される仮想通貨はイーサとなっています。

またイーサリアムの開発者でもあるヴィタリック・ブリテン氏は時々SNS上で、ネットワークユーザーから意見やアンケートを募集するようなツイートをしており、その度に彼の発言がメディアに取り上げられ注目されています。

Ethereumの大きな特徴

  • スマートコントラクト機能をブロックチェーンに搭載し、契約を自動執行
  • イーサリアム上のブロックチェーンアプリケーション「Dapps」のプラットフォーム
  • マイニングによるスケーラビリティ問題対策にPoSを提唱
  • イーサリアム上でDappsが開発されるほどイーサが使用される

スマートコントラクトとは

これはLiskの記事でも説明していますが、スマートコントラクトとはプログラムによって自動執行される契約です。契約をプログラムで構築することで、定義として組み込まれた特定の条件を満たすことで、取引が実行される仕組みです。

スマートコントラクトという仕組みを、世界で初めてブロックチェーン上で実行可能にしたのがイーサリアムです。データを改ざんされる可能性が限りなく低いブロックチェーン上に契約内容をプログラミングすることで、証人を必要とする契約であっても、自動的に契約は執行されるという特徴があります。

したがって時間や人件費などのコスト削減においてメリットがあり、金融業界では既にこのシステムが導入が始まっています。(導入されるシステムがイーサリアムのプラットフォームとは限りません)

マイニングシステム:Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)とは

イーサリアムのマイニングシステムはビットコインと同じ Proof of Work(PoW)です。このマイニングには取引を承認するための暗号計算に莫大な電力を消費します。膨大な計算をしなければならないので取引が増大した際はスケーラビリティーの遅延や、莫大な電力を消費することによる環境問題が懸念されています。

そういったPoWが抱える課題に対し、イーサリアムは Proof of Stake(PoS)というマイニングアルゴリズムの移行を予定しています。PoSの仕組みはは、その仮想通貨を多く所有しているユーザーほどマイニングできる権利を獲得しやすいのが特徴です。つまりPoWのように膨大な電力を消費して暗号計算する必要がなのでエコであり、ケーラビリティ対策になり尚且つブロック生成が15秒とする他、マイニング効率を高める技術と言えます。

Ethereumのアップデートについて

イーサリアムの時期ネットワークアップデート「イスタンブール」のメインネットでの実施が、11月に行われる予定です。イスタンブールは2部構成に分割され、後半は「ベルリン」として後日実装される予定です。実装見込みのアップデート項目の中に、合意形成アルゴリズム「ProgPoW」への移行がありますが、セキュリティに関する監査項目があるため保留中です。

Ethereumが現在抱えている課題

ブリテン氏が2019年3月に海外メディアhttps://dailyhodl.comのインタビューの中で、イーサリアムが現在抱えている問題を挙げました。

スケーラビリティ

ビットコインと同じくスケーラビリティ問題を抱えており、1秒あたりのトランザクション数を増やすにままだ時間がかかると述べています。

プライバシー

イーサリアムはパブリックブロックチェーンなので、誰が誰へいくら送金したといった情報が公開されており、そこを解決するための暗号技術開発に取り組んでいます。

使いやすさ

使いやすさは非常に大きな課題となっており、Dappsの多くは使いやすさの点で難航しています。誰もが容易にDappsを開発し、誰もが使いやすいDappsを開発するのはまだ時間がかかると話しています。

セキュリティ

これも大きな問題として、セキュリティの使いやすさを挙げています。秘密鍵を紛失したり、秘密鍵が盗まれたりするケースが後を絶たず、秘密鍵を保管するだけでなく、使いやすい方法を考えいます。

Ethereumが今後目指しているところと将来性

「世界に一番影響を与えた人物50」にも選ばれているブリテン氏が開発を率いるイーサリアムはこれからもまだ成長を続けると言える仮想通貨です。多くのプロジェクトがイーサリアムのプラットフォームを活用しているという現状であり、それら開発されたDapps上でイーサが使用されれば、イーサの需要はさらに高まると言えるでしょう。

まとめ

イーサリアムはスマートコントラクトを初めてブロックチェーンに搭載し、プラットフォームとして実用可能にした仮想通貨であり、それが世界に登場した時の衝撃はビットコイン登場に匹敵するものがありました。またイーサリアムにはマイニングのアルゴリズム移行や今後のプラットフォーム進化が非常に楽しみな仮想通貨と言えます。発展途上と言えるイーサリアムの投資は長期的に見守るという判断も必要になるでしょう。