安全性が高いハードウェアウォレットとは?その仕組みからメリット・デメリットなどを詳しく解説

仮想通貨取引所のセキュリティとして「コールドウォレット」という言葉を聞いたことあるのではないでしょうか。コールドウォレットはネットから隔離されたウォレットで安全性が高いと言われています。個人が仮想通貨をハッキングから守るにも、ハードウェアウォレットを使う上で知っておくべき仕組や注意する点、メリット・デメリットなどを詳しく解説します。

オフライン管理ができるハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットは、ネットから遮断して仮想通貨を管理することができるのがウォレットです。つまりオフラインのデバイス内で仮想通貨を管理するため、他のウォレットよりも高い安全性が期待されています。また数多くの仮想通貨に対応しているウォレットが多く、長期保有者はオフラインのウォレットを活用している傾向にあります。

そもそもハードウェアウォレットの仕組みは知っていますか?実はデバイスに仮想通貨そのもを入れておくわけではなく、仮想通貨を送金するのに必要な「秘密鍵」をさらに暗号化して保管しているのがハードウェアウォレットです。

デバイスに保管された仮想通貨にアクセスして送金する場合は、パソコンにインストールしたウォレットアプリとデバイス本体にある秘密鍵が必要になります。この両方を使って仮想通貨にアクセスができる仕組みになっています。

ハードウェアウォレットは秘密鍵を保管する端末

ハードウェアウォレットは仮想通貨にアクセスすることができる24桁の「秘密鍵」と言われるアドレスをオフラインで管理ができます。つまりハッカーは仮想通貨を盗むには秘密鍵を盗む必要があり、取引所から仮想通貨が不正流出したというのは秘密鍵が盗まれたということになります。

取引所はホットウォレットとコールドウォレットのどちらにも仮想通貨を管理しているケースが多いです。取引所は顧客の仮想通貨を管理していますが、厳密には顧客の仮想通貨ではありません。ブロックチェーン上では取引所に所有権があることになっています。

なぜなら取引所は1つのアドレスで大量の仮想通貨を保有している状態です。取引所のマイページなどで保有している仮想通貨枚数が確認できますが、それは取引所のアドレスに管理されており、この枚数があなた分ですよ、という意味です。したがってハッカーは取引所のホワイトウォレットに管理された秘密鍵を盗むことで、取引所の仮想通貨を流出させます。 取引所に預けている自分の仮想通貨を守るためには、取引所の口座から自分のハードウェアウォレットへ送金して、正式に自身の資産を所有することが最良です。

ハードウェアウォレットの注意点

仮想通貨の保管に大切なのは24桁の秘密鍵であることは分かったと思います。この秘密鍵は2つとして同じものははなく、もしデバイスをなくしてしまっても秘密鍵さえ分かっていれば、仮想通貨が盗まれることはありません。

しかし秘密鍵が盗まれてしまった場合は、別のデバイスから盗まれる可能性があります。実際に盗まれたケースですが、新品のハードウェアウォレットを購入し、PINコードが書かれた紙が添付されており、購入者はそのコードを使って仮想通貨を管理しました。

その結果、外部のから仮想通貨が盗まれました。原因は、新品で購入したデバイスにPINコードが設定されていましたが、つまりそれは既に誰かが初期設定を済ませており、秘密鍵も書き取られているので、別のハードウェアウォレットからでもアクセスできるという状態です。 ハズレを引かないためには、ハードウェアウォレットをそのメーカーの公式サイトから購入しましょう。上記の被害にあった人は安くデバイスが売られていたネットショップから購入しています。またデバイスは手元に届いたら必ず自分で初期設定をしましょう。おかしいと思ったら要注意です。

長期管理向けハードウェアウォレットを活用するメリットについて

デバイスのウォレットには高いセキュリティ性があることは分かったと思いますが、利用するメリットはその他にもいくつかあるので紹介します。

オフラインによるセキュリティの向上

1番のメリットはオフラインによる仮想通貨(秘密鍵)の管理です。どんなウォレットでもオンラインの状態では秘密鍵が盗まれてしまうリスクはあります。オフラインならどんなハッカーでもハッキングして秘密鍵を盗むことはできません。デスクトップウォレットでもパソコンがネットに繋がれば、ハッキングされる可能性はあります。

何種類もの仮想通貨を1つのデバイスで管理できる

管理できる仮想通貨は1種類だけでなく、何種類もの仮想通貨に対応しています。日本国内の取引所でも扱っていない仮想通貨に対応しているデバイスもあるので、海外の取引所でトークンを購入したら、そのウォレットに移しておくのもいいでしょう。

送金手数料が自分で調節できる

取引所にも送金手数料がありますが、デバイスにも送金手数料があり、何故かというと仮想通貨の取引を承認するのはマイニングです。マイニングをしているのがマイナーですが、そのマイナーに支払うものが手数料です。取引所には推奨手数料があり、それ以下に設定することはできません。一方でデバイスはトランザクションの速度などに応じて自由に調節ができるメリットがあります。

持ち運びしやすい

大抵のデバイスは手の中に収まるサイズなので持ち運びが簡単です。

ハードウェアウォレットのデメリット

利便性やセキュリティの高さはありますが、デメリットもあるので覚えておきましょう。

価格が高い

オンラインウォレットの中には無料で提供されていおり、ビットコインやイーサリアムなどのデスクトップウォレットなども無料で利用できます。一方でハードウェアウォレットは1万円程度はするので、価格がネックになるケースも。

パソコンとセットで利用する

大抵のハードウェアウォレットはパソコンに専用のウォレットアプリをインストールして、送金したりするのでパソコンを持っている人や慣れた人でなければ、使用するハードルは高いかもしれません。

日本語に対応しているデバイスが少ない

多くが海外製なので日本語対応していないものが多いです。操作を誤れば送ったはずの仮想通貨がどっかにいってしまったということもありえるので、操作する際に使いにくさを感じるかもしれません。

利用者が多い有名どこのハードウェアウォレット

Ledger NanoS

ハードウェアウォレットならコレ!というぐらい有名なデバイスです。管理できる対応通貨が豊富にあり、リップルにも対応しています。またPINコードのシャッフル機能により不正アクセス防止が徹底され、初心者でも使いやすい点が高評価です。

TREZOR

こちらも有名なデバイスで、こちらはリップル、ネムにも対応しており、100種類以上の仮想通貨に対応しています。また1つのデバイスで複数のアカウントを作成することが可能です。

まとめ

ハードウェアウォレットはハードルが高いと思われがちですが、自分の資産を高いセキュリティで守ってくれる心強いウォレットです。自分の資産の一部を仮想通貨として保有している、あるいは、長期保有をしている人はオフラインで管理ができるハードウォレットに管理してみてはどうでしょうか。